読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cat`s Eye Canonetから50年。我が輩は猫であるから111年。 我が家の猫はアメリカンショートヘア。

f:id:kohyusya:20170207154131j:plain

我が家の猫。アメリカンショートヘアのオスの「達哉」です。我が家では高級な革製のソファアーに陣取り、一人でいつも過ごしてます。おかげで私たち人間はそのソファーには座れないでいるのです。購入してからこのかた、横になったりただ腰掛けたりも何回出来たのでしょうか?この猫の為に買ったソファーの様である。粗相をしてしまうのです。それをさせない様に100均のトゲトゲマットを引詰め猫のいる場所以外においてるわけです。もう一匹の猫・メスの「カエラ」が来てから自分の縄張りなのか、居る場所の周りにマーキング的にしている様です。アメリカン・ショートヘアは、17世紀にメイフラワー号でアメリカに上陸したネコの子孫らしい。「達哉」はこのアメリカンショートヘアである。運動能力の高い、大きな脚を持つ中型の猫である。と書かれている。寒さ、湿気、および表皮負傷からそれらを保護するために硬い毛皮を持つ。その通りでブラシで梳かすと和猫とは大きく毛並みは異なる。油っぽいっていうか何か保護されている物質が毛の周りにある様に感じる。人間の髪の毛のキューティクルとは異なるのだが何かWで毛がはいてるみたい。毛を梳かされるのが嫌いでベランダでほのぼのとした光を浴びている場所でないとなかなか梳かさせてくれない。毛皮は冬に厚く、春に薄くなる。いずれも同系のブリティッシュショートヘア種より体重が軽いのが特徴。ただし、容易に太り過ぎる傾向があるため、健康管理に注意を払う必要があるそうだ。陽気で賢く好奇心旺盛。遊び好きで、同居人と仲良く暮らすことが可能。なんて書かれていたのですが、うちの「達哉」はもう一匹の和猫「カエラ」には本当に拒否反応を示す。狩りが得意だとか、アメリカンショウトヘアーには特徴がある。「カエラ」に狙いを、毎日つけ追いかけている。明るく優しい気質とあるが。我が家では「カエラ」の方が明るくやさしい性格。「カエラ」はまるで犬に近い。呼ぶと来る。掃除機で毛並みを揃えようとすると「ゴロニャーン」とお腹を見せる。小さい子供の遊び相手にもなれるのは「カエラ」。「カエラ」と違い神経質で明るい気質とは思えないのが「達哉」。ただ一人おとなしくソファで寝ているだけである。ただ、2匹とも息子の部屋に入り浸りである。息子が帰ってくると何処に居ようととんで来て息子の部屋に入って行く。寝てるとその胸の上に「カエラ」。足下に「達哉」となるのだ。うちではとても飼いやすい猫だが餌代も馬鹿にならない。固形の餌の他、缶詰以外の生エサ(スープだけ)をあげ、決まって時間通りに食事をするのが日課となっている。その飼いやすさから日本でも1990年代後半頃より流行し始め、現在ではごく一般的な猫の品種として定着した。『アメショー』という略称で呼ばれる。「我が輩は猫である」というよりも「我が輩は一家の主である」という。我が家は猫無くして語られなくなった。ただ人間の世帯主が猫アレルギーであるのが残念なことである。

 

コウジロウの独り言