読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

W124メルセデスの空力は0.29って本当?それはリヤガラスのモールの処理から?

f:id:kohyusya:20161120202156j:plain

メルセデスベンツW124の空力Cd値:0.29はないだろうって、ネット上で書かれてる人がいる。元ユーザーとして反論を述べたい。EクラスだからSクラスと比較してベンツとは言えないなんて人もいますよね。それは間違いです。メルセデスは腐ってもメルセデス。亡くなった親父の口癖でした。写真はEクラスが左。右が国産のケンメリ。年式は10年近く異なってますが解りやすい写真なので見てください。この写真でお分かりの様にメルセデスW124のトランクとリヤガラスのモールの処理なんです。あのカウンタックだってCD値:0.47なんですから?と言われます。が突起の問題と流面処理の仕方でCD値が変わってるはずです。カウンタックは空気取り入れ口が前方にむき出しになってます。その後メルセデスはW201CD値:0.33からW202のCD値:0.30そしてW203のCD値:0.26までどんどん190クラスのCD値を下げ、SクラスCD値:0.24まで達してます。図り方が異なると行っても、トヨタプリウスも頑張ってモデルチェンジ前のクルマでCd値:0.25、GTRはCd値:0.26と国産も頑張ってます。マツダアクセラCd値:0.26。今のクルマで言うと車体のアンダーカバーの処理が考慮されたり、フロントグリルを小型化したりまさしく空気抵抗を少なくし、流面型をダウンホースでどう押さえるかと言った多種多様な配慮がなされている。当時のメルセデスEクラスはクレイモデルの段階のよいところをそのまま市販車に出来たから素晴らしい値を得られていたのでは。タクシーとして本国で使われてたり、ツーリングカー選手権で常にトップに君臨してた事を思うと、ドイツのアウトバーンを快走していたのはあたりまえのクルマ。今ではそれが引き継がれ、CLAがCd値:0.23を確保。最近のベンツの空力は特に凄い様です。自分のEクラスは9万6千キロでミッションが壊れるまで走りを堪能しました。乗っていた感触は同クラスのBMWよりも軽く、メルセデスはアルミを足回りに使用するなどどっしりしながら軽やかな印象だった。各所に細かく配慮したクルマ、メルセデスベンツEクラスはリヤガラスの処理にも配慮した最高のクルマだったと言えましょう。残念なのはCd値が素晴らしいCLAの形は好きになれないんです。だからクルマはCd値だけでは語れないのです。BMWVOLVOのデザインに最近のメルセデスは本当に劣ってる様に思えてなりません。

                                コウジロウの独り言