ポルシェ906=カエラ・6

f:id:kohyusya:20180119183104j:plain Photo by Kojiro

またまたキディランドでスロットルカー&マグナカーで遊んでいたモデルカーではなく、本物のポルシエ・カレラ6−ポルシェ906である。前のブログ同様2003年のヒストリックカーフェスの一コマ。今や無惨にもボディとモータ−が外れている状態のAFXモデルカーが家にあるのだが。何を隠そう、ブッチ開け言わせていただくとこの写真から自分は907かなって思っていたのである。モデルカー収集家の友人のK氏に聞いてようやく本当の車種が解った。Porsche-906だった。ポルシェ906とは、FIAのグループ4に合わせて作られ、1966年に デビューしたレーシングカーなんだそうだ。別称カレラ6(Carrera 6 )。 自分達が社会人になった頃のおもちゃレベルではステータスカーだった。1966年にグループ4スポーツカー(年間生産50台)を対象とした国際スポーツカー選手権が新設し生産されたクルマ。クラス-S2- つまり2リッター以下のタイトルを獲得するため、フェルディナント・ピエヒ率いる技術陣がポルシェ初の純レーシングカーとして906を開発されたらしい。1966年のスポーツカー世界選手権開幕戦デイトナ24時間レースで実戦デビューを果たしたクルマ。第4戦からグループ4公認を得たとされている。ワークスは以降燃料噴射式のグループ6仕様を主力とし、2.2リッター8気筒は信頼性が不充分なため、出場機会は少なかったそうだ。タルガ・フローリオでは総合優勝し、ポルシェが得意とするレースで6度目の勝利を得た。最終戦ル・マン24時間レースでは、総合1~3位を独占した7リッターのフォード・マークIIに続き、2リッターの906が総合4~7位を占めたのだそうだ。グループ6マニュファクチャラーズでも、ライバルのフェラーリ・ディーノ206Sを抑えてP2クラスのタイトルを獲得した。ポルシェとして大好きなこの形の生産台数はなんと65台しか造られていなかった。量産型52台はワークスのほかプライベートチームにも供給されたそうだ。この写真の2003年のこのクルマはその中野一台なのか?エンジン仕様の異なる13台は、生産義務のないグループ6スポーツプロトタイプ用とし、国際マニュファクチャラーズ選手権2リッター以下クラス (P2)にエントリーしていたのだそうだ。先代904の6気筒バージョンが906と呼ばれていたために、このクルマは「カレラ6」の名で市販されていたんだとか?後で904の6気筒バージョンをを904/6、カレラ6を906とする形が一般化したのだそうだ。すべてFRP製のボディは、904同様実際には関与していなかったフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ。ただフロント部分はボンネットの高さを抑えてフェンダー・アーチを押し出したデザインとなっている。ルーフは寸法規定の緩和により幅の狭い丸みを帯びた形状となり、大型ウィンドシールドと跳ね上げ式のカッコいいガルウィングドアを採用していた。ル・マン24時間レース出場車はユノディエールの直線で最高速を伸ばすためにノーズを延長してたそうだ。リアオーバーハングを500mm以上延長したロングテールを採用した。高速サーキット用のロングテールは後継モデルでも定番となっている。当たり前のようなフロントガラスもガルウィングも流面型の典型的な完成形に近い、素晴らしいデザインだったと思う。素材とデザインが見事にマッチングしたビルト・イン・デザインの先駆車と言えるクルマだと思う。               コウジロウの独り言    

ジャガー・XJ220が2003年のイベントにいた。

f:id:kohyusya:20180117175959j:plain

Photo by Kojiro

2003年のヒストリックカーショウにいたジャガー・XJ220とは、イギリスのジャガーが発売していたミッドエンジンスポーツカーである。名前の由来は、最高速約354km/hを目標とし、マイルだと220マイル/hになるところから来てるそうだ。元々はジャガー社の熱狂的技術者たちによる、クルマ好きサークルが凄い物を造ったのだ。ボディはアルミニウム製で、プラットフォームはアルミハニカムをアルミ板で挟んだパネルによるモノコック構造。フロントには可変式のスポイラーも装備。サスペンションは、ダブルウィッシュボーンで、まるでレーシングカーのセッティングのようだったそうだ。ボディデザインは、幻のレーシングプロトタイプ「XJ13」をモチーフ。インテリアはコノリーレザー製高級レザーのトリムを被い、レーシングカー的な性能とは裏腹に豪華なものだった。デビュー当初は市販車ではなかったのだが、すぐに1,500台に及ぶ注文が殺到したのだそうだ。TWRとの連携が市販を決定させてくれた。6.0リットルV型12気筒DOHCミッドシップレイアウトで搭載したフルタイム四輪駆動になる予定だったらしいのだが、生産化が決定した後、重量が重すぎるという理由でやむなくグループCカーのXJR-10に使用されていた3.5リットルV6DOHCツインターボエンジンをMRレイアウトで搭載することとなった。最高速度は目標の220マイル/hには届かなかった。カタログで「200マイル/h以上」を謳い、実際にも347km/h(216マイル/h)であり、当時としては世界最速だったそうだ。0-100km/h加速は3.9秒と、凄いポテンシャルだった。市販モデルは1991年の東京モーターショーで発表。価格は29万ポンドで、当初は名前から限定220台の予定だったが、世界的な好景気により注文が殺到したのだそうだ。急遽生産台数が350台になった。前述のエンジンの問題を解決するため、実際のデリバリーは1992年まで遅れてしまったが、うってかわって時は世界的不況。さらにはV型12気筒エンジンが搭載されないことへの不満や、同時期にTWRが発表したXJR-15と市場が競合してしまったことなどからその高いポテンシャルにも関わらず最終的には281台ほどしか売れず、日本への正規輸入もなかった。写真はそんな中での一台。本当に希少性が高い一枚の写真である。エンジンはドライサンプで水冷式ターボチャージャーと空冷式インタークーラーを備えていた。3,498cc。最大出力は500hp(373kW)/6,500rpm、。とされていた。自分がイタリアで買ったミニカーに紺色のジャガー・XJ220があった。メイドインチャイナであったのはすこしがっかりさせられた。でも残念なのはカメラがキャノンF-1で24mmレンズ絞り5.6〜。とPKRのフィルム。フィルタ−も何か使っていた気がするが、撮影した被写体をバチバチとる習慣がなくこの一枚しか探せていない。残念な事である。しかも、この手の写真をカメラマンの佐藤氏にスキャンをして頂いているのには感謝に堪えない。  コウジロウの独り言 

2003年。憧れのフェラーリ365GTB/4を撮影していた。

f:id:kohyusya:20180116174725j:plain Photo by Kojiro

「365GTB/4」は、イタリアのスポーツカーメーカー、「フェラーリ」が1968年から1973年まで製造されたグランツーリスモ。あの1966年に発表されたデザインは「カロッツェリア・ギア時代のジョルジェット・ジウジアーロ」による「マセラッティギブリ」ともよく比較された。「ギブリ」は鋼管フレームにスチールボディを被せたスタイリング。当時の高級スポーツカーに共通して見られる地を這うような背の低いプロポーション、ロングノーズ、ショートデッキ、ファストバックスタイル(リアハッチはリアガラス下のパネルが開くのみ)をとり、「マセラティ」としては初のリトラクタブル・ヘッドライトを採用していた。「ギブリ」が一番好きだったのも事実。以前のブログにも書いた事があったのだが運転をして江ノ島まで行った事、遠乗り体験があるのは「ギブリ」のみ。フェラーリは355しかハンドルを握った事がない。次に写真を見て下さい。珍しい後期型「フェラーリデイトナ」。自分は「フェラーリデイトナ」と呼んでいるのだが。あの「ギブリ」の次に大好きな365GTB/4は1968年のパリ自動車ショーでデビユー。なんと50年も前の二分の一世紀の時を超えて来たデザインなのだ。今でもこの形は素晴らしいく思えるのは自分だけなのでしょうか?「デイトナ」の愛称は1967年の「デイトナ24時間レース」で「フェラーリのスポーツプロトタイプ・330P4と412P」が圧倒的な強さを誇り1-2-3フィニッシュを果たしてから自然発生的にそう呼ばれるようになったと言われている。 「365GTB/4」の365は当時のフェラーリの例に洩れず12気筒エンジンの単室容量、GTはグランツーリスモ、Bはベルリネッタ(クーペ)、4は4カムシャフト(DOHC)を意味してるとのこと。前身の「275GTB/4」の美しさとは対照的な、1970年代的なダイナミックな新しさを持ちながら「ピニンファリーナのレオナルド・フィオラヴァンティ」によるスタイリングなのだそうだ。V12・6ウェーバーキャブレターエンジンがもたらす最高速度 280km/h・0-60mph加速 5.4秒という世界最速水準の動力性能(当時としては)、1996年に550マラネロが登場するまでフェラーリスーパースポーツとしては途絶えてしまうフロントエンジン・リアドライブレイアウト。当時としても古典的で豪快な操縦性、1972年から1974年までル・マン24時間レースGTクラス3年連続クラス優勝、生産中止から6年後である1979年のデイトナ24時間レース2位入賞などの輝かしいレーシングヒストリーなど数々の魅力があった。2004年には'Top sports car of the 1970s'に自動車雑誌'Sports Car International'によって選ばれ、'Motor Trend Classic'誌は 'Greatest Ferraris of all time'の第二位に選ばれている。このため今日でも中古車は非常な高値で取引されているのだそうだ。当然相当程度がいい物だと思うのだが最近の面白いニュースとして2017年9月9日、日本の納屋に眠っていた走行可能なアルミニウム製車両がサザビーズの競売に掛けられ、約2億3,000万円(1,807,000ユーロ)で落札されたのは話題になった。「ギブリ」同様「ランボルギーニのミウラ」シリーズと生産期間が重なり、スペックが(少なくとも公称値では)拮抗していることから、後の「カウンタックと365GT4」の関係のようにミウラシリーズとライバル関係とされることもあったそうだ。初期型は透明なプレクシグラス(アクリル樹脂、商品名)内に4灯式ヘッドライトを備えていたが、米国の安全基準に合致させるため1970年リトラクタブル式に変更された。1,406台のGTB/4が生産されたが、158台が右ハンドル、122台がスパイダー(365GTS/4右ハンドルは7台)であったが、後年になってクーペからスパイダーに改造された例も少なくないとされている。とにもかくにもスロットルカーレースを原宿キディランドでやってた頃から今現在まで模型でも大好きな「フェラーリ」。買える余裕があるなら本当に欲しい一台である。                          コウジロウの独り言 

Pioneer Inn-Historic hotel in the heart of Lahaina.

f:id:kohyusya:20180115145034j:plain

Photo by Kojiro

2018年を迎えて第一歩のブログを見て下さりありがとうございます。Pioneer Inn=1901年築の建物のホテルは歴史的な魅力に溢れていた。今でも敷地内に専用バルコニー、屋外スイミングプール、朝食とランチを提供するPioneer Innバー&グリルもあるそうだ。 ラハイナ港に建つ最古のホテルパイオニア・インは、1901年創業の100年以上の歴史を誇る、港町ラハイナは勿論、マウイ島最古のホテル。パイオニア・インは、ラハイナのランドマークとして知られ、創業時の外観を残したまま現在もホテルとして営業している。捕鯨船時代、プランテーション時代の面影が残る、パイオニア・インのノスタルジックな建物は、絶好のフォト・スポットとしても有名。建物は、国定の歴史的建造物として指定され、厳重に保護されている。写真は1988年頃かそれ以降の物。ハワイ・ロケにマウイ島にまで渡って撮影していたオフの一日。クルマは1985年に86年モデルとしてアメリカで発売開始されたトーラス・セダン。ライバルと目されたドイツ車や日本車を徹底的に調べ上げた上で開発されたクルマとされている。1983年に発売が開始されたサンダーバードをさらに洗練したようなエアロダイナミックなエクステリア(cd値はセダン0.33、ワゴン0.35)が特長で、日本のオーナーの間では親しまれてた。先進的なデザインと充実した装備で日本車やドイツ車には無いベンチシートやホワイトリボンタイヤが選択できることなどを理由に、アメリカやカナダでは記録的なセールスとなり、1989年には全米販売ナンバー1に輝いた。エンジンは基本グレードがV型6気筒OHVで当初は3Lモデル (140 PS・22.1 kgf·m) のみだった。駆動方式はFFでトランスミッションはV6モデルが4速AT、直4モデルが3速ATである。乗車定員は車体形状及びシフトポジションによって異なり、セダンは5/6人、ワゴンは8人である。このクルマのセダンでなんと一人で0メートルの海抜から標高3055メートルのハレアカラ火山という活火山に登ってしまった。本来ならばドライブ・インで休み休み登って行かねばならないのに、一気に頂上に短パン半袖アロハで山頂に行ってしまったのである。体中がしびれ、気持悪くなりそうだったので、直ぐに降りて来た。高山病になる一歩手前で降りて来たのだ。近くには三日月型の珊瑚礁の島、モロキニ島もある。ハワイ第二の大きさの島といっても、観光スポットは、西側のウェスト・マウイに集中しているので、レンタカーでのドライブは簡単。信号もその当時は殆どなかった。空港でピックアップすると、あっというまにカアナパリ・リゾートに到着するのだが。夕方、浜辺で寛いでいる地元の人々を見ながら、ここで夕日をのんびり見るのもいいとされている。パイオニア・インでは、宿泊しなくても、「パイオニア・イン・グリル&バー」としても営業しており、ハワイの古きよき時代の面影を残し、ラハイナを訪れた際には、是非ここでランチやディナーを取ってほしいとの事。パイオニア・インは、ラハイナ・ハーバーの直ぐ前に立地し、入り口にはキャプテン・クックの像がある。とにかくマウイ島はハワイの原点である。                                            コウジロウの独り言

「ツインリンクもてぎ」で開かれた2003 HISTORIC AUTOMOBILE FESTIVAL。

f:id:kohyusya:20171227194913j:plain 

Photo by Kojiro

今から15年近くも前になるお話になってしまうんですね。時のい経つのも速い物。秋の風吹く10月25.26日、ツインリンク茂木で開かれた「2003ヒストリック・オートモービル・フェスティバル」。クライアントがその年このイベントでは初めてブースを出展するという事で、社員数名で前日宿泊して参加しました。宿泊先がりんどう湖の近くのちょっともてぎからはらは離れていたので少し大変でした。自分はボルボ850をBOSSはBMW330をクライアントはオペルプリメーラだったか?数台のクルマはレーシーな走りで公道を往復走り、これだけでも楽しい想い出だった。「クルマを単に道具としてだけでなく、その歴史を振り返りつつ、文化として認知していくこと」をこのイベントはテーマとしているそうで、ヒストリックカーのイベントとしては国内最大級でした。その参加台数はもちろん、集まった車は、「最高のクルマ達」で名車ばかりだった。フェラーリありポルシェあり国産車ではあのトヨタ2000GTも出走していた。あの在りし日のカーグラの小林正太郎氏まで古いBMW 1941 Berlin rom328を運転して登場してきた会場で見かけた。それがこの写真である。実際はこのクルマが何だったか解らずじまい。お恥ずかしい限りである。本当に名車が揃ってびっくりもした。この次の年はカウンタックがたくさん集まっていたツインリンクもてぎに子供と二人で来た事もあった。ヒストリックカーファンだけでなくツインリンク茂木で開催されるイベントは面白かった。当時はネコパブリッシングも元気がよく、楽しい想い出だけが残っている。ただ、イベントで「コーヒーいれてください」とクライアントが催促されるのが面倒くさかった事を覚えている。若干名が怒りからか柵をけっていた物もいたのを覚えている。ピットや第一パドックには、出場を今か、今かと待っている名車たちがずらり並んでいて壮観でした。その「名車」を整備するピットクルーやドライバー。またはクルマ談義に花が咲き笑いの絶えない出番を待つオーナーたちが大勢いた。写真やビデオをまわす忙しい一日だった。またこういう日がやってくるのだろうか?今年のブログはここまでとします。                     f:id:kohyusya:20171227195649j:plain

Photo by Kojiro

コウジロウの独り言

ボルボの新型SUV「XC40」が出るのはいいんですが!

f:id:kohyusya:20171214140251j:plain

2017年3月の上海モーターショーで公開されることとなった新型XC40。また、新たにスクープされた新型XC40コンセプトの画像についてもご紹介。(MOBYから引用させて頂いております)初を含めた最先端のシステムを採用してるみたいでスペックは期待値多大。当然、作動速度域を従来の30km/h以下から50km/h以下まで高めた自動ブレーキ「シティ・セーフティ」を標準装備。また、新型の「XC40」のプラットフォームに中国の「ジーリー ホールディンググループ」と開発した「CMA」が採用され、外観にはスポーティなリアウィングと立体感を強めたフロントになりました。本当に信頼出来るのか微妙であるのだが。TOYOTAなんかは同級生がベトナムのトップにいた事もあって、「アジアで造るならベトナム」なんて言ってたのを思い起こす。中国はご存知の様に人件費も高騰し、化粧品に限らず、現地生産をあきらめている企業も多々あるからです。(コーセーは2017年撤退・輸出のみに切り替えている)2017年9月1日、ボルボは新型XC40の発売を2017年秋と発表。搭載される先進安全装備についても明らかにしています。コンパクトクロスオーバーSUV「XC40」が2018年初旬 に海外で発売が開始されるらしいですよ。 XC40はボルボSUVラインナップの中でも最も小型のボディサイズになる筈です。 ボルボご自慢の安全性能はもちろん のこと、デザインも洗練されるようなので、期待ができますよ。(とWEBでの声) PHVやEVの発売の話もあるらしいので、ますます魅力的なコンパクトSUVになりそうです!! 落ち着いたおしゃれな車が欲しい方にはピッタリでしょうね! というコメントが入っていた。実は先日車検でV40のメンテナンス含めてディーラーに伺ったのだが、その時は何にもリアクションが無かった。日本で一番売上げをあげたトップセールスもチョコっとしか会わなかったが何も言われなかった。各WEB情報では褒めちぎった情報が満載である。このブログは本領発揮をするのだ。モーターファンイラストレーテッドではこのXC40のプラットファームには特殊性があり、車両寸法の自由な設定の出来るCMAを採用しているのである。と書かれていた。XC90からのてんかいからなるプラットフォームSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)とは拡大縮小に対応した骨格である。その小型版がCMA。その中身は車両寸法の固定を全軸中心からアクセルペダルまでの距離からFlexible対応でノーズの寸法・ホィールベースと決め方自由自在なのである。プラットホーム=昔で言うシャーシの自由自在な寸法を決定出来る面白いエレメントである。ボルボの剛性確保も果たしその設計には目を見張る物がある。但し、今回のこのクルマ。実は自分は好きではない。いいのはフロントとインテリア。リアのCピラー周りはゴツイ!XC60の方が良かったのではと思われます。自分は少し古風な人間なのかも知れません。V60やV40のデザインが好きだったノスタリジアックなユーザーの意見として言わせて頂ければあの薄いコンソールは何処へ行ってしまったのでしょう?確かにナビゲーションシステムは見やすくなったのでいいかも知れませんが?ボルボのアイディンティティは一体何処へ行ってしまったのでしょうか?                      コウジロウの独り言

頭が良かった、優しいヒマラヤン。

f:id:kohyusya:20171201191044j:plain

Photo by Kojiro

ヒマラヤンは特徴的なポイントの毛色がヒマラヤウサギに似ていることから、その名が与えられたそうです。ヒマラヤンは、ペルシャとシャムを交配させる事によって誕生した猫で、人の手によって作出された種類となっているとのこと。写真はコウジロウの家に入居した当時のもの。生後3ヵ月だったと思う。化粧品会社の宣伝にいた頃の同僚から数万円で譲ってもらった子猫である。飼い始めてから2年後に待望の吉田家の長男が生まれた今から27〜8年前の頃。ベビーベットの部屋がリビングの横にあった。柵もゲージもないのに足をあげても入ろうとしても、そこでピタッと止まり入らなかったのを思い起こされます。「よし子」このヒマラヤンに付けられた名前。前の飼い主が名前を既につけていたのである。数ヶ月経つと生まれて数ヶ月の長男の横にそっと寄り添うだけで一切、手も足も出さなかったものです。この猫種は1955年にイギリスで、1957年にはアメリカで公認されるようになったそうです。原産国はアメリカとイギリスの両方らしいのですが、自分ではイギリスではないかと思ってます。なぜならば自分で飼ってた猫「よし子」は、やたら気品高く、ふさふさとした毛並みをなびかせながら歩く姿が小説の中の英国の貴婦人を思い浮かべてたからです。なにせ血統書付の親から生まれた猫。古くから存在する自然発生種のペルシャとシャムをかけあわせて、長毛とポイントというそれぞれの魅力を備えた猫を作り出したいという理想を描いたのは、スウェーデンの研究者であったと伝えられています。だから気品のある動きをしてたのですかね?ブリーダー達にとっても夢の猫と言えるヒマラヤンの性格は、ペルシャに似てとても温和で、飼い主に対して従順な性格の子が多くなってるそうです。一説によると人に対してあまり警戒する事が少ないため、飼い主の膝の上に乗ってきたり、撫でて欲しいとおねだりしてくる事もあるそうです。また、鳴く事が少ないためマンション等でも飼いやすい猫種ともいわれてます。その鳴き声も柔らかく快適に聞こえる事から「ミュージカルを聞いている様」と例えられる事もあるそうです。自分で飼っておきながら覚えていないんですがね。ただ、少し神経質な一面もあり、騒がしい環境をあまり好まない猫となっています。評判を伝え聞いた愛好家、繁殖家たちがそれぞれの国で育種を手掛けるようになったそうです。イギリスでは比較的早いうちからシャムとペルシャの交雑猫が存在し、「クメール」という名前で呼ばれていたこともあったそうです。ヒマラヤンの育種はよりペルシャに近い方向になり、70年代になってようやく理想に近いスタイルになったとされています。今現在の我が家では雑種「茶トラ」の和ネコ「カエラ」と「アメリカンショートヘア」の「達哉」の2匹を飼ってます。むしろ同居していると言った方がいい見たいです。長男が帰ってくる前は、自分のベットの上に喉を鳴らしながら居座っている「カエラ」は長男が帰ってくるととたんに自分のドアのところに座ってドアノブを見つめ、開けてくれって顔をしている。「達哉」はしばらくして遅れて泣き出し、長男の部屋のドアの前で座ってる。餌をねだる時だけ、自分の顔を見つめ「ニャーン」て泣いてるのです。自分になついてるのはこの時だけで、かつての「ヒマラヤン=よし子」が今いたらどんなにこのネコ達も変わってたのかと思うと13年生きたそのネコが恋しいと思う。そんなことを言っていたら、「カエラ」は今、コウジロウのベッドに入り浸りである。夜はほとんど早めに羽毛布団を掛けて寝ている自分の上に乗ってきてグッスリ眠るのである。なぜならばこの部屋には「達哉」は出禁で入ってこれないからなのだ。朝6時半に起こされるのだから、もうたまりません。喘息も持っている自分。猫の毛のアレルギーがあるのに可愛い❤️カエラには負けてしまいます。 コウジロウの独り言