ボルボの新型SUV「XC40」が出るのはいいんですが!

f:id:kohyusya:20171214140251j:plain

2017年3月の上海モーターショーで公開されることとなった新型XC40。また、新たにスクープされた新型XC40コンセプトの画像についてもご紹介。(MOBYから引用させて頂いております)初を含めた最先端のシステムを採用してるみたいでスペックは期待値多大。当然、作動速度域を従来の30km/h以下から50km/h以下まで高めた自動ブレーキ「シティ・セーフティ」を標準装備。また、新型の「XC40」のプラットフォームに中国の「ジーリー ホールディンググループ」と開発した「CMA」が採用され、外観にはスポーティなリアウィングと立体感を強めたフロントになりました。本当に信頼出来るのか微妙であるのだが。TOYOTAなんかは同級生がベトナムのトップにいた事もあって、「アジアで造るならベトナム」なんて言ってたのを思い起こす。中国はご存知の様に人件費も高騰し、化粧品に限らず、現地生産をあきらめている企業も多々あるからです。(コーセーは2017年撤退・輸出のみに切り替えている)2017年9月1日、ボルボは新型XC40の発売を2017年秋と発表。搭載される先進安全装備についても明らかにしています。コンパクトクロスオーバーSUV「XC40」が2018年初旬 に海外で発売が開始されるらしいですよ。 XC40はボルボSUVラインナップの中でも最も小型のボディサイズになる筈です。 ボルボご自慢の安全性能はもちろん のこと、デザインも洗練されるようなので、期待ができますよ。(とWEBでの声) PHVやEVの発売の話もあるらしいので、ますます魅力的なコンパクトSUVになりそうです!! 落ち着いたおしゃれな車が欲しい方にはピッタリでしょうね! というコメントが入っていた。実は先日車検でV40のメンテナンス含めてディーラーに伺ったのだが、その時は何にもリアクションが無かった。日本で一番売上げをあげたトップセールスもチョコっとしか会わなかったが何も言われなかった。各WEB情報では褒めちぎった情報が満載である。このブログは本領発揮をするのだ。モーターファンイラストレーテッドではこのXC40のプラットファームには特殊性があり、車両寸法の自由な設定の出来るCMAを採用しているのである。と書かれていた。XC90からのてんかいからなるプラットフォームSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)とは拡大縮小に対応した骨格である。その小型版がCMA。その中身は車両寸法の固定を全軸中心からアクセルペダルまでの距離からFlexible対応でノーズの寸法・ホィールベースと決め方自由自在なのである。プラットホーム=昔で言うシャーシの自由自在な寸法を決定出来る面白いエレメントである。ボルボの剛性確保も果たしその設計には目を見張る物がある。但し、今回のこのクルマ。実は自分は好きではない。いいのはフロントとインテリア。リアのCピラー周りはゴツイ!XC60の方が良かったのではと思われます。自分は少し古風な人間なのかも知れません。V60やV40のデザインが好きだったノスタリジアックなユーザーの意見として言わせて頂ければあの薄いコンソールは何処へ行ってしまったのでしょう?確かにナビゲーションシステムは見やすくなったのでいいかも知れませんが?ボルボのアイディンティティは一体何処へ行ってしまったのでしょうか?                      コウジロウの独り言