読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロスオーバーのダイヤを引いていた房総特急。 三鷹電車区の「わかしお」。

f:id:kohyusya:20170127171713j:plain

1972年7月に房総電化が完成、国鉄総武本線の東京乗り入れが開始された。

わかしお」「さざなみ」は房総初の特急である。運転を開始したのもこの頃。自分では忘れてるが1970年始めの三鷹電車区の「わかしお」である。「わかしお」「さざなみ」は、初登場でありながらいきなり夏ダイヤで運転を任されたらしい。かつての寝台特急をも感じさせていたフロントマスクは何故か間延びをしたカピバラのようである。鉄仮面にも見える。特急だったのだが時刻の変更は往々にしてあった。80年代になってから大船発の「わかしお」が出てきたりもした。72年には八王子発着の「わかしお」と「さざなみ」もあったそうだ。だから三鷹電車区にあったのか季節列車扱いで設定された。それは新宿発だった。1往復が八王子までの延長運転を行ったという事だが、こんな列車は国鉄時代の72年だけだった。写真は「わかしお」です。今では信じられない区間を走るのが当たり前の時代。国鉄時代のクロスオーバー列車とも言えよう「わかしお」の写真はモノクロのため帯がブルーかと思っていた。本当は東海道線に最初に走った「特急こだま」カラーのエンジ色の帯だった。

 

 

コウジロウの独り言